気候変動 ごみ問題生物の話食と水大気汚染

おいしい空気は、どんな空気? (第5話 大気汚染)

フクロウ王子たちが住む森には、たくさんの人がピクニックを楽しみにやってきます。

ほとんどの人が深呼吸をしながら、「空気がおいしいね」と言いますが、フクロウ王子はその言葉がふしぎでなりませんでした。

なぜなら、空気の味を感じたことがないからです。

ある日、王様フクロウに「人間は空気がおいしいっていうけれど、おいしい空気って、どういう味なの?」と聞きました。

王様フクロウは、「味というよりも、よごれていない空気のことじゃろうな」と答えたあと、「ついておいで」と言いながら、木からとび立ちました。

さいしょに止まったのは、トンネルの入口に近い木でした。たくさんの車が通りすぎていきます。

「トンネルの中や近くには、見えないけれど、あまり体によくないはいきガスがたまっているから、近づいてはいかんぞ」

王様フクロウがそう言ったとき、音もなく走る車がやってきました。

「あれは電気で走る車じゃ。走っているときにはいきガスをまったく出さないから、空気をよごさないんじゃ。人間は空気をきれいにすることも考えているんじゃぞ」

つぎに遠くの工場地帯が見わたせる木に止まりました。

「むかし、工場のまわりで、せきがとまらなくなり、いきをするのもくるしい病気がはやったんじゃ。工場のえんとつから、目には見えないのに、体にわるいものがたくさん出てきて、空気をよごしながら広がったんじゃよ」

王様フクロウの話を聞いていたフクロウ王子は、だんだんおそろしくなってきました。

見えないのに体にわるい空気が広がったら、空を飛ぶことも、森に住むことできなくなってしまうからです。

「い、いまも広がっているのかな」と、フクロウ王子はふるえるような声でつぶやきました。

王様フクロウは、「いまはきれいになったから心配しなくてもだいじょうぶじゃぞ。じゃが、人間はべんりな生活のために、空気をよごすようなものをつくりだしてしまうことがあるんじゃ。そういうものが空気にまざれば、空にはかべがないから、広がってしまうんじゃ」と、教えてくれました。

森に帰ってきたフクロウ王子は、「おいしい空気は、きれいな空気」と歌いながら、しんこきゅうをくりかえしました。

そして、森のなかまや、人間の友だちとも話し合い、空気をよごさないくらし方を考えてみようと思ったのでした。