気候変動 ごみ問題生物の話食と水大気汚染

地球がどんどん暖かくなっているのはなぜ? (第1話 気候変動)

ある日、北極にすむ友だちのシロクマから、王様フクロウに手紙がとどきました。

「どんどん氷がとけて、住めるところがへっているんだ。氷がうすいと狩りができないから、やせてしまったよ」

南の島にすんでいる人間の友だちからも手紙がとどきました。

「海面が高くなって島がしずんでしまいそうだよ」

手紙を見た王様フクロウは、「地球を暖めるガス (※) がふえすぎて、暖かくなりすぎているようじゃぞ」と、つぶやきました。

いっしょに手紙を見ていたフクロウ王子は、「地球を暖めるガスってなに?」と、首をかしげます。

王様フクロウは両方の羽で地球のかたちをつくりながら、「地球をつつんでいて、温室のように暖めるガスのことじゃよ。そのガスが増えすぎたと、人間がさわいでいるのを聞いたことがあったぞ」と言いました。

「じゃあそのガスがなければいいの?」と、フクロウ王子は、また首をかしげます。

王様フクロウは、友だちの科学者からもらった辞書をひらいて、こう言いました。

「いやいや、そのガスがないと、地球は1年中、マイナス18℃ぐらいの寒い星になってしまうそうじゃ。人間が真冬に裸でいるのと同じようなものじゃな。でも、ちょっと昔の地球は、ちょうどいい量のガスでつつまれていたから、いろいろな仲間がくらせる、快適な温度の星だったそうじゃよ」

フクロウ王子は辞書をのぞきこみながら、「そのガスは、なにでできているんだろう」と、王様フクロウに問いかけました。

ふたたび辞書に目をおとした王様ふくろうが、「地球のおく深くにとじこめられていた燃料 (※) をもやすと出るようじゃぞ」と話しはじめたとき、二羽がとまっていた木の下を、数台の車が猛スピードで通りぬけていきました。

「その燃料はな、数百万年以上もかけて地球がつくるらしいぞ。ところが人間は、車のガソリンなどに利用して、どんどん燃やしておる。地球を暖めるガスがふえすぎて、まるで真夏に厚着をしているように、地球に熱がこもるのもあたり前じゃな。」

フクロウ王子はホホーッと鳴きながら、こう考えました。「いったいいつから、人間は大切な燃料をたくさんつかうようになったんだろう。今度、街にすむ人間の友だちに聞いてみよう」と。

  • ※地球を暖めるガス=温室のような働きをするので、温室効果ガスと呼ばれています。その大半は、石油などの化石燃料を燃やすと発生する二酸化炭素です。
  • ※地球の奥深くに閉じこめられていた燃料=化石燃料のことです。動植物の死がいが地球の圧力や熱により変化して生まれたもので、生成までに数百万年以上の歳月を必要すると言われています。