長野県庁への訪問と「循環する暮らし」の取材

11月29日に、長野県庁の方々を訪問してきました。

SAYEGUSAでは「SAYEGUSA GREEN PROJECT」という環境活動を始めていますが、いつかどこかの小さな村と一緒に、その村の素晴らしい環境資源を活かす活動や、子どもたちの自然体験の場を実現できないかと考えています。
その可能性を探るために、森の視察や自治体への訪問、有識者との対話の機会をなるべく多く重ねていくつもりです。

今回お会いしたのは、長野県庁・次世代サポート課の方で、日本一村の数が多い長野県の村々についての特徴や課題、求められていること、そして連携できるNPO団体などについて話していただきました。

bbb1

そして翌日は山梨県北杜市へ。
再会を楽しみにしていたパーマカルチャー・デザイナー四井真治さんのご自宅に訪問。サヱグサグリーンサイトで連載中の「グリーンダイアログ」3回目の対談・取材が目的です。

四井さんは「循環する暮らし」の提唱者で、その啓発、暮らしのデザインなどのコンサルティング、そして暮らしにあった家具や道具のプロデュースまでと幅広く手がけられている方です。

今回は、四井さんが考える「循環する暮らし」の表現の場となっている自宅周辺を歩きながらの対談となりました。とても気持ちのいい冬晴れのなか、熱く語ってくださった氏の言葉にはとても説得力がありました。

bbb2

台所の排水をメダカが住めるほどのレベルまで浄化するバイオジオフィルターや、まったく臭いのしない堆肥所をご案内いただき、未来の子供たちに残すべきことなどをお聞きしました。

bbb3

お昼は外かまどで美味しいご飯を!

赤く色づいたカエデがあしらわれたレンコンの自家製小麦天ぷら、庭のホオノキの落ち葉で作った鶏肉のホオ葉焼き、地野菜かぼす醤油麹ドレッシングかけなど、秋の深まりを実感できる奥様の美味しい手料理に感激!

bbb4

四井さんの暮らし方や考え方はまさに「楽しむエコロジー」と言ったところでしょうか(笑)
環境破壊は人間の存在こそが一番の原因と言われることがありますが、四井さんの「暮らしの考え方」の中にはしっかり人間の存在があり、その存在は悪どころかとても重要なものとなっているようです。

次回の「グリーンダイアローグ」の公開をお楽しみに!

bbb6

bbb5

2013.12.31