スノーキャンプ開催のご案内

gm2015SAYEGUSA Green Magic in snow wonderland

サヱグサは、2012年から子どもたちの豊かで健やかな成長のために“環境・食・文化”をテーマに掲げ社会貢献活動「SAYEGUSA GREEN PROJECT」に取組んでいます。

今回は、昨年夏に実施したサマーキャンプの第二弾として、日本一の積雪を誇る長野県栄村の大自然の中でスノーキャンプを開催します。思いっきり雪と戯れることはもちろんのこと、地元の方との交流を通じて昔ながらの暮らし方を学び、生きる力を育てます。

募集要項
実施日程  : 2015年3月30日(月)〜 4月1日(水) 2泊3日  
場 所   : 長野県栄村 のよさの里キャンプ場(コテージ泊)
対 象   : 小学生1年生〜4年生
参加費   : 54,000円(税込)
募集人員  : 30名程度
集合・解散 : 丸ノ内鍛治橋駐車場(交通:貸切バス)
事前説明会 : 2015年3月15日(日)

プログラム内容
1日目:
午前:移動

雪上大運動会
雪合戦やそりリレーで友だちと仲良くなろう!  
sori

伝統工芸づくり
地元のとうちゃんと一緒に木工細工を作ります!

コテージ泊

2日目:
しみわたりウォーキング
昼に溶けた雪が早朝カチカチに凍り足が埋もれることなく雪の上を歩きます! 

simiwatari

   
冬の森の遊び場づくり
何をしてもOK!思う存分雪の中で遊びます!

スノーキャンドルナイト
かまくらにキャンドルを並べて幻想的な夜を演出します!

candle

コテージ泊

3日目:
郷土料理づくり
地元のかあちゃんと米粉を使ったおやき作りにチャレンジ!

oyaki

午後:移動

※悪天候等により、プログラムの変更または中止となる場合がありますので予めご了承ください。

お申込み・お問合せ
申込みの方は下記必要事項をご記入のうえ、下記メールアドレス宛にお申込みください。
1)参加者氏名
2)性別
3)生年月日
4)住所
5)電話番号
6)保護者氏名

※お申込みが確認でき次第、こちらよりご連絡させていただきます。

ご不明な点がございましたら電話・メールにてお気軽にお問合せください。
メールアドレス: igeta@sayegusa.com 担当:井ヶ田(イゲタ)
電話番号   : 03-3561-0011

主 催 : 株式会社ギンザのサヱグサ   
企画運営 : NPO法人信州アウトドアプロジェクト

Craft with Father Sayegusa Workshop with VICTORINOX

サヱグサ ザ・メインストア銀座では、2015年2月7日、2月14日、2月21日の各土曜日、木に触れ、間伐材などから新しい価値を生み出すことをテーマにしたワークショップ「Craft with Father Sayegusa Workshop with VICTORINOX」を開催いたします。
今回は、ナイフメーカーVICTORINOXとの共同企画として、お父様から「正しいナイフの使い方」を学び、親子お揃いのお箸と遊び道具を作るワークショップを3種類ご用意しました。

Thinking Greenキャンペーン期間にあたる2月、木に触れ、ナイフで創作する新鮮な体験をお楽しみください。



ワークショップのご案内
Craft with Father Sayegusa Workshop with VICTORINOX
スイスでは、子どもが5歳になるころに、お父さんがツールナイフを渡し、使い方も教えます。ナイフをプレゼントされる日は、子どもにとって重要な儀式の日です。ナイフをもらうということは、自分がそれだけ信頼されている、成長を認められたからだと子どもは感じるようです。

1.枝から鉛筆型ペンダントを作る。
開催日:2月7日(土)
時間:A)14:00〜 B)17:00〜(所要時間約1-2時間)

2.ヒノキの親子箸を作る。
開催日:2月14日(土)
時間:A)14:00〜 B)17:00〜(所要時間約1-2時間)

3.ブーブー笛を作る。
開催日:2月21日(土)
時間:A)14:00〜 B)17:00〜(所要時間約1-2時間)

対象象年齢:各回ともに小学生以上
参加費用:各回ともに無料
参加人数:各回12名

会場・お問い合わせ
サヱグサ ザ・メインストア銀座
〒104-0061東京都中央区銀座7−8−8
TEL:03-3573-2441
営業時間:10:30〜19:30


Result

Victorinox ワークショップリゾルト

メインストア銀座で3週に渡って行われたワークショップ”CRAFT WITH FATHER”。今回は、ナイフなどを主に扱うスイスのブランド、VICTORINOXとのコラボレーションにより行われました。

日本では、幼い子どもにナイフを持たせることは少ないですが、スイスでは、子どもが5歳になる頃にお父さんがツールナイフをプレゼントし、使い方を教えます。
ナイフを持った日は、子どもにとって重要な儀式の日。自分がそれだけ成長し信頼されていると実感するようです。

ワークショップ第1回は、「枝から鉛筆型ペンダントを作る
でした。最初に、VICTORINOXのヘルテル・洋(ヒロシ)さんが安全なナイフの使い方を説明。理解を深めたところで、実際に道具を手に取ってもらいました。

今回使用しているナイフは子ども用で、先が丸くなっていますが、それでもツールナイフのずっしりとした重みが感じられます。長さ8cmほどの枝が配られ、削り始めました。お父さんやお母さんに支えられながら、恐る恐るナイフを動かす子どもたち…。目は真剣そのものです。

見る見るうちに上達し、ひとりで削れるようになると、1時間も集中して取り組みました。最後に鉛筆の先にマジックで色を付け、名前を書いてペンダントの完成!

v1

第2回は「 ヒノキの親子箸を作る」です。
親子箸ということで、親御さんも一緒に削ります。お父さん、お母さんに教えてもらって、皆楽しそうでした。細い棒で難しそうに見えますが、器用に形を整えると、しっかりとしたお箸の形に! 自分で作ったお箸で食べるご飯はきっと格別でしょう。親子お揃いで、大事にしていただけると幸いです。

v2

最終回は「 ブーブー笛を作る 」に挑戦。
まずは、縦半分に切られた、小さな丸太状の木の表面をツールナイフで少しずつ削っていきます。削った木の片方に大きな輪ゴムを縦に掛け、木を合わせたら、片側に輪ゴムを巻いて完成です。木の隙間から息を吹き込むと「ブーーーブーーー」と音が!世界でひとつだけの笛が完成しました。

v3

最後に教えてくれたヘルテル先生と記念写真。自分の手で作った達成感からか、いきいきとした表情を見せてくれました。

v4_2

普段、ツールナイフを使う機会は少ないと思いますが、刃物を遠ざけるのではなく、親と一緒に使うことで、その安全な使い方や、どうして危険なのかを身体を使いながら感じとっていくことも大切ですね。お越し下さった皆様、ありがとうございました。

Thinking Green 2015/Feb.-Mar.

tg201502

サヱグサ各店では、2015/2/1~3/31の2ヶ月間、「Thinking Green」キャンペーンを開催いたします。

*キャンペーンの一環として、木に触れ、間伐材などから新しい価値を生み出すことをテーマにしたワークショップ“Craft with Father Sayegusa Workshop with VICTORINOX”を開催いたします。是非お越しください。
詳細はこちらをご覧下さい。

*期間中は、CO2排出による地球温暖化防止の一助を目指して、太陽光で発電されたグリーン電力で店舗営業を行います。
詳細はこちらをご覧下さい。

春の訪れを感じる色とりどりの花々があしらわれた店内で、新作コレクションをゆっくりとお楽しみください。



● 過去のThinking Greenキャンペーン
Thinking Green 2014/Aug.-Sept.
Thinking Green 2014/Feb.-Mar.
Thinking Green 2013/Aug.-Sept.
Thinking Green 2013/Feb.-Mar.
Thinking Green 2012/Aug.-Sept.

Store by Green Power 2015/ Feb.-Mar.

gp201502

サヱグサ各店では、店舗キャンペーン「Thinking Green」の期間に合わせて、2015年2月1日~3月31日の間、グリーン電力営業を実施します。

二酸化炭素排出量の少ない「再生可能エネルギー」による発電を利用することで、地球温暖化防止への寄与が期待できます。

冷暖房を最も使用する時期の実施となり、昨年8月〜9月と合わせた計4ヶ月の取組みで、店舗における年間使用電力の40%以上がグリーン電力により供給されることになります。

g07
グリーン電力証書

今回のグリーン電力は、積極的に地域貢献を行い、環境負荷を低減した物流施設「プロロジスパーク座間1」の太陽光発電です。グリーン電力契約量は50,000kWhで、CO2削減効果に換算すると年間20トン以上※となります。

このプロジェクトは、売上の1%を環境保全活動に役立てる「1% for GREEN」の財源を利用して実施致します。

実施期間:2015.2.1~2015.3.31
実施場所:ザ・メインストア銀座、ザ・ストア大阪

※電力のCO2排出係数は2010年度の電気事業連合会の0.413kg- C02/kWhを採用。